1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 講演会「茶の湯から見た柳原焼」を開催しました

新着情報

新着情報詳細

2019年11月26日更新

講演会「茶の湯から見た柳原焼」を開催しました

 令和元年11月23日(土)に、現在当館で開催中の企画展「大名の風流~有馬家ゆかりの茶道具~」の関連イベントとして、茶道裏千家淡交会久留米支部長の林田邦彦氏を講師としてお招きし、「茶の湯から見た柳原焼」と題した講演会を開催しました。

講演会の様子

講演会の様子

 講演会では、柳原焼を興した9代藩主頼徳(よりのり)についてのお話、柳原焼の特徴や茶道具紹介、また久留米において行われた柳原焼展示会の紹介などを、スライドを用いながら、わかりやすくお話していただきました。
 講話の中で、柳原焼は久留米の貴重な茶道文化として、後世に伝えていく必要性を説かれました。
 参加された方は、メモを取りながら熱心にお話に聞き入っていました。その後、林田氏には参加者からの質問にも丁寧にお答えいただき、盛会のうちに講演会は終了しました。

 多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。
 今後も企画展にあわせたイベントを開催しますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 最後になりましたが、講師をお務めいただきました林田邦彦氏には心よりお礼申し上げます。

前のページに戻る

ページの先頭へ戻る