1. ホーム
  2. 展示案内
  3. 令和2年度(2020年度)

展示案内

展示案内一覧

ポスター

 江戸時代、藩主の肖像画や装飾・贈答用の絵画制作、邸内の障壁画制作など、絵に関わる仕事全般を担っていた御用絵師。久留米藩の御用絵師を務めた三谷家の絵師たちは、大きな画閥であった狩野派に入門して修行し、様々な絵画を描きました。
 本展は、その画業の中から山水画に焦点を当て、"風景を旅する"資料を展示。久留米藩最後の御用絵師である三谷有信(みたにありのぶ)の「渓楽図(けいらくず)」をは...

詳細を見る

ページの先頭へ戻る